• 写真:ルコテー ‘スカーレッタ’
  • 写真:ルコテー ‘スカーレッタ’
  • 写真:ルコテー ‘スカーレッタ’
  • 写真:ルコテー ‘スカーレッタ’
  • 写真:ルコテー ‘スカーレッタ’
サムネール写真:ルコテー ‘スカーレッタ’ サムネール写真:ルコテー ‘スカーレッタ’ サムネール写真:ルコテー ‘スカーレッタ’ サムネール写真:ルコテー ‘スカーレッタ’ サムネール写真:ルコテー ‘スカーレッタ’

ルコテー ‘スカーレッタ’

ルコテーと聞くと、馴染みがないかもしれませんが、日本ではセイヨウイワナンテンとして広く知られている常緑低木です。

常緑であること、耐寒性が強いことなどの理由で、近年、人気が出てきているカラーリーフのひとつです。

『スカーレッタ』はアメリカで生まれた品種で、従来のセイヨウイワナンテンと比べて、耐病性に優れ、樹形もコンパクトにまとまります。

4~5月頃には花を咲かせ、新芽が赤く、低温期には、全体が緋色に染まります。

耐暑性、耐寒性に優れ、直射日光下でも葉焼けすることなく良く育つ優良品種です。

日当り
日向・半日陰
直射日光が当たった方が葉色は鮮明になります。
耐寒性
−25℃
問題ありません。風通しが良い場所を好みます。
サイズ
高:0.4~0.6m/幅:0.4~0.6m
4~5月
白い小花を咲かせます。
剪定
花後に伸び過ぎた枝を適宜剪定しますが、8月以降は切らないようにします。
肥料
鉢植えの場合:
3月・6月に緩効性のものを施します。
庭植えの場合:
特に必要ありません。